地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、西東京の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

西東京の地域情報サイト「まいぷれ」

お楽しみプレゼント!

相田みつを美術館 「第68回企画展 みつをの誕生」ご招待券プレゼント

相田みつをが一番書いた文字は? 答えは「みつを」です。

「具体的に」1980年代後半
「具体的に」1980年代後半
相田みつをが一番書いた文字は?
答えは「みつを」です。


ほとんどすべての作品の最後に「みつを」と署名があります。
相田みつをを知らなくても、「みつを」なら知っている、という人もいるくらい強い印象を与える三文字です。

「みつを」は、「蛾亭(がてい)」という雅号、本名の「相田光男」や「借宿(かりやど)浪人」などの時代を経て、30歳くらいから「みつを」になっていきます。
その後は「みつを」を含めて作品が完結することになります。ある意味で「みつを」は、相田みつを最大の発明だったのかもしれません。あまりにも見慣れている「みつを」

本展は、その成り立ちや込められた深い思いを紹介します。

第68回企画展 
「みつをの誕生」自分の言葉・自分の書が生まれるまで

期 間:2017年9月12日(火)~2017年12月10日(日)
     10:00~17:30(入館は17:00まで)
休館日:月曜 ※10月9日(月祝)は開館
会 場:相田みつを美術館(http://www.mitsuo.co.jp/museum/)
   (東京都千代田区丸の内3-5-1東京国際フォーラム地下1階)

【入館料】
一般・大学生800円
中・高校生500円
小学生200円(未就学児は無料)
70歳以上の方は500円
※ミュージアムショップは入場無料
こちらのチケットを、各回5組10名様にプレゼントいたします。
ご希望の方は、下記よりご応募下さい。
ご招待券は、発送を持って当選とさせていただきます。

【締切】
第1回締切 2017年10月25日(水)
第2回締切 2017年11月15日(水)